[Tech'note top]  [HOME]

2010-03-16
記事末の注を追加 2016-02-28

masa's WonderLand 雑記帳
masa's WonderLand blog



SymNC の設定メモ
(SymNC settings)

 以下は、SymNCの設定を行ったメモです。
意外と設定方法の具体例がないので、やり方を忘れないため、そして他の方の参考になればと書いてみました。


最初の画面です。G、Jはマウントしたネットワークドライブなので、最初はありません。Network はExplorerのマイネットワークと同じで、ネットワーク(今場合は無線LANネットワーク)に接続している機器が見えます。

RDP links はリモートデスクトップのリンクですが、使ったことがないので分かりません。




Settings の中です。



Accounts の中です。最初は何もないので、Option -> Add new で追加します。
Everyone(日本語だと すべての人)はあるかもしれませんが、初期のインストールだとないかもしれません。追加しておいた方が便利です。
アクセスする先の共有フォルダの権限設定が、「Everyone」にリード/ライト権限を与えてあれば、他のアカウントは追加する必要がないように思います。



アカウント IBM-MK\MK の設定の中身です。
User :(IBM-MK) はPCのドメイン名、または(単独使用なら)コンピュータ名です。
    MK はPCでのユーザ名です。
    PCでのユーザのアカウント設定は、ドメイン名(またはコンピュータ名)¥ユーザ名 です。

    相手が携帯電話(のSymNC、SymNASユーザ)の場合、SymNAS設定の「Device Network Name」です。

Password はPCでのユーザのパスワードです。
  相手が携帯電話で、設定時にパスワードを入れない場合は、こちらでも特に入力しませんでした。



これは、携帯電話(この携帯電話の)のアカウント設定です。自分や相手の方でアクセス権限設定などを使うときのためには、自携帯電話や他の携帯電話などのアカウントも設定します。

User : SymNAS設定の「Device Network Name」です。
Password は今のところ、何も入れていません。



NAS の中です。



まず、Option -> Device Network Name で、この携帯電話の名前を設定します。PCでの「コンピュータ名¥ユーザ名」に相当します。
なお、XXX¥YYYとする必要はありません。単純に 5800XM_1 とか My5800XM でOKです。




Device Network Name を設定しているところです。
XXX¥YYYとする必要はありません。単純に 5800XM_1 とか My5800XM でOKです。



Network Jacks(ネットワーク接続) 設定の内容です。

Access point は無線LANのアクセスポイントを設定するか、Allways ask にします。
アクセスポイントが複数あるばあいは、それぞれに対応したNetwork Jacks(ネットワーク接続) を複数作るか、Allways ask にします。

Autoconnect はアプリを起動したときに自動接続するか、、などを設定します。
自動接続を使用しないときは、接続したいNetwork Jacks(ネットワーク接続)をクリックして、接続をスタートします。




Share(共有)の中です。SymNASなどでは、最初のインストール時に自動的に設定されます。自分で追加することもできます。



Disk_C の中です。
Folder はディスク単位のみでなく、単独フォルダを指定できます。C:\xxxx¥YYYY などと指定します。
Name は共有名です。自分の分かりやすい名前を使用できます。




Disk_C の権限設定です。Disk_C を設定後、Disk_C をクリックすると表示されます。通常はEveryone にリード/ライト権限が付与されています。それが嫌な場合は自分でアカウントを追加し、Everyoneの権限を制限します。Everyoneの権限を制限しても、Everyone自体は削除しない方が良いみたいです。



Network Drives(ネットワークドライブ)の中です。最初は何もありませんので、Add new で追加します。ネットワークドライブとしてマウントしたい、他の機器のフォルダを設定します。




Network Drives(ネットワークドライブ)の設定例です。

Name 自分が分かりやすい名前をつけます。

Drive マウントした後のドライブ名です。図では、J:として表示されます。

Access point アクセスポイントを指定します。ここでは、Allways ask は使用できませんので、アクセスポイントをきちんと設定します。

Account 相手にアクセスするときのアカウント名です。相手(の共有フォルダ)が受け入れるアカウント名にします。相手(の共有フォルダがEveryoneを受け入れいるのであれば、EveryoneでOKです。駄目なら相手側のアカウント(コンピュータ名¥ユーザ名、かDevice Network Name)です。

Host 相手のコンピュータ名、またはDevice Network Name です。

Share アクセスする相手の共有フォルダの共有名です。

設定が終わると、最初の画面にJ:¥ として表示されます。

注:Shareのフォルダは、ルートディレクトリ(C:\やD:\)直下のフォルダならば、共有設定をすればOKです。
しかし、ルートディレクトリとの間に共有設定のないフォルダが挟まると見ることが出来ません。
例:C:\WK\WK1 の場合はWKに共有設定が必要です。WK1だけ共有設定すると、ネットワークの中に見えますが
アクセス出来ません。逆にWKに共有設定すると、その下は全て見えます。